なぜ出来ない?効率化を間違っている方がやりがちな事とは?

間違った効率化とその解決方法

仕事の効率化とは

仕事の効率化と言えば、「マルチタスク」という言葉が真っ先に思い浮かびますよね。 複数の作業を同時に処理して片付けていけば、とても早いのではないか、そう考える方も多いと思いますが、実はそうとも限りません。 そこには一体どんな問題があるのでしょうか。

その他の失敗要因

マルチタスク以外にも、間違った効率化には様々な要因があります。 与えられた仕事を自分一人で全部抱え込んでしまうのは、自分ひとりの作業効率の低下を招くだけではなく、それをリーダーやマネージャーなどの上司がやってしまうと、チーム全体の作業効率低下を引き起こしてしまいます。

マルチタスクという作業方法の罠

仕事をしていく上で、もちろん仕上がった成果も大切ではあるのですが、作業中まず何よりも重視されるのは、作業を片付ける速さであることがほとんどです。
業績を上げられることが、本当は最も良いことなのですが、利益を出すためにどこででもまず人件費が削られます。つまり、作業する人員が減らされるわけです。
そうすると、たいていどこででもスタッフ一人ひとりの作業量は増加するものの、仕事時間の上限が増えることはありません。増えても帰宅が遅れたり、そもそも残業代が出なかったりと、辛いことばかりです。
となれば、与えられた作業を効率化して、素早く終わらせる必要があります。
しかし、良かれと思って、効率化したと思ってやったことが、実は逆に作業効率の低下を引き起こしていることが多々あります。
その多くは、やっている当人は作業が遅れていること自体に気づいていなかったり、気づいていても、何が原因で遅れているのかわかっていないという事が少なくありません。
また、ただ単純に作業する手の速さをスピードアップすることを目指すことは、それ自体は悪いことではなく間違ってはいないのですが、「効率化」ではありません。
本当の意味での「効率化」とは、作業をする人、その人個人の力量やスピード、仕事の量に依存しない、体系化された仕事のやり方を見つける事なのです。
こちらのサイトでは、間違っている作業の効率化のやり方と、解決方法をまとめていますので、自分がそれらに当てはまっていないか確認して、解決法を学び、本当の効率化を目指しましょう。

非効率な作業の解決方法

色々な間違った作業のやり方を紹介しましたが、それでは、どんな事をすれば作業の効率化を果たすことが出来るのでしょうか。こちらにその解決方法をまとめました。 全てを一度に試すのは難しいでしょうが、少しずつ取り入れて、作業の高速化を目指しましょう。